小さすぎるかも・・・

今月も今日を入れてあと4日、今週の金曜日はもう3月です。そんな中、先日、Aマゾンよりこのやうな入電が、

先日注文した、商品が届いたとのメイルです。丁寧なことに、写真が添付してありました。最近のAマゾン、置き配がフツーです。我が家は門扉もあるので或る程度安心ですが、最近は玄関が道路に面したお宅も増えて来ているので、盗難の恐れが・・・

届いたのはこんなんです。ニャンコの爪研ぎ兼、すり鉢ですが、商品を包んでいる、薄手のポリ袋に、直接ラベルが貼ってありました。前回も同じ商品を購入したのですが、その時は大きな袋に入れてあったやうな気が。これもコストダウンの一環でしょう。

届いたすり鉢を、速攻でキッチンに置いてみました。

が、トラ吉何が気に入らないのか、入ろうとしません(^_^*)  せっかく新しいのを買うてあげたのに・・・

これは数年前の写真ですが、今度のすり鉢も、トラ吉にはいささか小さすぎるような気も・・・

メジロの代わりに

我が家から図書館に行く途中、国道の向こうに府営住宅があって、四季おりおりの草木が植えてあるのですが、先日通りかかると、このやうな光景が、

モクレンが、白いツボミを出しています。

と云うわけで、アップで撮ってみました。

もうすぐ、花を咲かせそうです。その下にはこんなんも、

これが何かと云うと、ドウダンツツジです。

アップで撮ると、枝の先っぽに新芽が付いているようです。そしてその先にはこんなんが、

この府営住宅で、唯一植えられている、カワヅザクラやと思います。

アップで撮って観たのですが、バックが青空ぢゃ無いのが残念です。

と云うわけで、建物をバックに撮ってみました。1羽のメジロも居てたのですが、直ぐに飛び立って、撮れませんでした(^_^*)  が、隣にはこんなんが、

ヒヨドリです。木の実を咥えているようです。

残念ながら、メジロは撮れませんでしたが、代わりにヒヨドリが撮れたので良し、とします。

動画のおかげで

2月も今日を入れてあと6日、来週はもう3月です。そんな中、昨日、Yドバシカメラより、謎(でもないか)の荷物が届きました。

速攻で開けてみると、こんなんが入っています↓

これが何かと云えば、電気ポット用のパッキンです。

4〜5年前に購入した、我が家の虎印魔法瓶社謹製のこの電気ポット、

上蓋のパッキンがボロボロです。多分、経年劣化やと思います。フツーに使えているのですが、見た目がアレなので、交換することにしました。

と云うわけで、上蓋を外して、交換してみました。その前に、同社が交換の手順を説明した動画を、YouTube にアップしてくれているので、観ることにします。

最初に、ネジを緩めるだけやそうです。外したらアカンみたいです。この動画、観てへんかったら外していたかも(^_^*)

次に、パッキンの裏表を確認します。パッキンの内側には、切れ目が入っていて、

この切れ目に沿って、パッキンを縁に嵌め込むだけです。多少手こずりましたが、10分ほどで終了しました。慣れたら5分くらいで出来そうです。

動画のおかげで、無事に交換出来ました。あとはポットに戻すだけです。これでしばらくは、気分良く使えそうです(^O^)

2月22日は

昨日、2月22日はニャンコの日、と云うことで、Aサヒの朝刊の1面の最下段には、このやうな広告が、

ニャンコに関する書籍の広告ですが、右端に、しれっと自社の書籍が掲載されています(^_^*)  そんな中、Yドバシカメラからは、このやうな入電も、

が、前日、地元のCインズからもこのやうな入電が、

閑話休題、昨日はTV各局でもニャンコに関する特番が組まれていましたが、突出していたのが、BSの某局です。

昨日の午後から、真夜中まで、ようさんのニャンコ番組が放映されていて、半分くらい、録画予約してしまいました(^_^*)  とりわけ気になったのがこの番組です。

内容よりも、途中のCMが観たくて録画しています。このために、スポンサーのIなばが全国から動画を募集して、3分くらいの長尺にまとめて放映されています(^O^)

多分、YouTube でも観られる思うので、ニャンコが好きなお方は是非、ごにゃんください(^O^)

どれから読もうか・・・

昨日、小雨の降る中、図書館へ行ってきました。読了した本の返却と、予約した本を受け取るためです。最初はこれ、

中山七里氏の新作です。昨年の11月に発売されたと思うのですが、思ったより早く借りられました(^O^)  が、その前に発売された、氏の別のミステリー、未だに順番が廻ってきません(^_^*)

内容は上の通りです。空港の検査係と、密輸品を持ち込もうとする一般客とのやり取り、某バラエティ番組でも時々放映されていて、私は結構好きだったりします。これから読むのが愉しみです。2冊目はこれ、

今村昌弘氏の新作です。発売されたのは、昨年の9月ですが、やうやく順番が廻ってきました(^O^)  今村氏と云えば、

1作目が映画化された、このシリーズが評判ですが、今回の新作は別ものみたいです。

解説にはジュブナイルやと書かれていますが、単に主人公が小学生というだけで、本格的なミステリーみたいです。最後はこれ、

C・R・ハワード女史の旧作です。先日読了した、

左の『ナッシング・マン』の後に書かれた作品ですが、借りて来た『56日間』の方が、先に発売されています。私のように、先に『ナッシング・マン』を読んだ人間には好都合でした(^O^)

しばらくは不安定な天気が続きそうなので、家に籠って読書に勤しまなくては、と思ったり。

2002年の幕開けに

先日、Aサヒのデヂタル版にこのやうな記事が、

かつて、その男まさりのピアニズムで、世界中をヴィヴィ云わせた、M・アルゲリッチさんの、小澤征爾氏の訃報を受けての追悼記事です。あくる日、某局ではこんなんが放映されました。

やはり小澤征爾氏への追悼番組です。私は録画して、昨日観たのですが、番組の冒頭、小澤征爾氏に依る、2002年のウィーンフィルニューイヤーコンサートが放映されたのですが、何やら違和感が。

この22年前のニューイヤーコンサート、私もリアルタイムで観たと思うのですが、その時には、そんなに違和感は感じなかったのですが、昨日の番組、暫く観ているうちに、違和感の正体が解ったような気が。

この時のウィーンフィル、全員が男性で、女性のメンバーがひとりも居てません!このオッサンだらけのオーケストラ、今では考えられませんが、つい20年前まではフツーだったみたいです。象徴的なのはこのシーン、

ハーピストの手元がアップされているのですが、これは明らかにオッサンの手や、フツー、オーケストラのハーピストと云えば、赤木野々花嬢のやうな、妙齢の女性の独壇場やと思っていたのですが、男のハーピスト、初めて観たような・・・
閑話休題、幕間には、観客の様子も映されていたのですが、こんな人らも居てたようです。

小澤征爾氏のファミリーです!まあ父ちゃんの晴れ舞台とあっては、当然観に行かはりますよね。

右端の小澤征良さんの隣に居てはるのは、ご主人やと思います。左端の征悦氏、この時はまだ独身でしたが、数年前、某局の桑子真帆アナと結婚しはりました。

小澤征爾氏に関しては、お亡くなりになる直前、拙ブログにこんなんを書かせて頂きました。気が向いたら、覗いてみてください。最下段のリンクです。

yujiro-1.hatenablog.com

純正がいちばん

先日、某ホームセキュリティ社から、このやうな入電が、

寝室に置いている、カード型非常ボタンの電池の寿命が近づいているとの内容です。電池を交換するのは簡単ですが、調べてみると、つい3ヶ月ほど前に交換したばかりです。その前に交換したのは、数年前やったのに。

と云うわけで、Dイソーに行って、電池を購入して、交換してみました。上の電池が、3ヶ月でダメになった電池です。たぶん、中華製の無名のメイカーの電池です。で、今回は国産のM菱電機謹製の電池を選んでみました。前回の中華製の電池は3個で110円でしたが、M菱電機の電池は2個で110円もします。実に1.5倍のお値段です!これでダメなら、今度はJーシンで購入してみます。

閑話休題、Nコンのお散歩カメラ、正規のバッテリー以外に、中華製の互換バッテリーを使っています。上の写真、左の2つです。が、最近、バッテリーの抜き差しがしにくくなりました。この写真ではわかりませんが、

この写真でみると、真ん中のバッテリー、やや膨張しているみたいです(^_^*)  このまま使い続けていると、カメラから取り出せなくなりそうです。やっぱり、純正品を使った方が安全みたいです。

そんな中、数日前から風邪気味で、体温が高く、市販の風邪薬を飲んでいるのですが、なぜか体温が下がりません(^_^*) これまで飲んでいたのは、セカンドソースと云うか、ジェネリックの風邪薬です。下の左の方です。

これはアカンやろと、定評あるT生製薬の風邪薬を飲んでみたら、無事に体温が下がりました(^O^)  ジェネリックの薬、正規品と比べると、効能に差があるみたいです。個人的な感想ですが、正規品の薬の方が安心です。