読書

なんで止められへんの!

今回のロシア軍のウクライナ侵攻、ドイツの電撃作戦を彷彿とさせるやり方で、首都キエフの陥落も目前やと思われますが、それにしても西側諸国の腰の引け方はなんやねん!と思います。ウクライナをとっととNATOに加盟させていたら、結構な抑止力になって…

愉しみ、あれこれ

昨日、天皇誕生日の祝日、久しぶりにCインズホームに出かけて、こんなんを購入して来ました。 ジャガイモの種イモと肥料です。右の草木灰は、5年くらい前に購入したものです。今週末までに畑を整備して、日曜日に植えつけるつもりです。手間ひまを考えると…

緊急事態宣言に備えて2

2月も半ばを過ぎましたが、コロナヴァイラスのオーヴァーシュートが止まりません。大阪では、緊急事態宣言の発令だか、発出が視野に入っているようですが、高橋某氏のゆうところの、屁のやうな緊急事態宣言の効果は疑問です。が、緊急事態宣言が発令された…

緊急事態宣言に備えて

今月になっても、コロナヴァイラスのオーヴァーシュートが止まりません(^_^*) 大阪では、緊急事態宣言の発令だか発出も視野に入って来たようです。昨年だか、一昨年の最初の緊急事態宣言の際には、各種公共施設や百貨店まで閉まっていて、否応なしに自粛を迫…

買っても読めずに・・・

このところのコロナヴァイラスの急激なオーヴァーシュート、ひょっとしたら、また緊急事態宣言が発令されるかも、と云うわけで昨日図書館に行って、数冊の本を仕込んで来ました。最初はこれ、 中山七里氏の新作(?)です。昨年9月に発売されたのですが、や…

この本を訳すものは・・・

先日図書館から借りて来たA・ウィアー氏のこの最新作、先日1回目を読了しました。図書館から借りた本、殆どは2回読んでから返却しているのですが、中には1回しか読まずに返す本もあったりします・・・ この新作は2回目を読むことになりそうです。単行本…

Weir the Champion

先日、某週刊誌にこのやうな記事が掲載されておりました。 元女子ぢゃなく、女性アナの吉川美代子氏のコラムです。氏がこのコラムで取り上げてはる、A・ウィアー氏の『火星の人』私は劇場に観に行きました。 当然、原作を読んでから観に行きました。映画も…

点検の間に

昨日、車の12回目(多分)の半年点検を受けに、某カ□ーラ店に行って来ました。 私が世話になっているカ□ーラ店には、Nッツ店も併設されているので、店の奥にはこのやうな光景が、 先日発売(?)されたばかりのミニバンが2台並んで置かれています。 プロ…

Snowflakes are Dansing

ここ数日、日本海沿岸部や、東北・北海道地方は大雪に見舞われ、各地で大きな被害が出ているようです。被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。 ここ高槻でも昨日は、朝から小雪が舞っていて、あの曲が頭に浮かんで来ました。 ドビュッシーの…

この3冊に共通するのは

新年も1週間が過ぎ、正月気分もやうやく抜けつつある矢先、日本でも再び、コロナヴァイラスのオーヴァーシュートが始まり、全国の感染者数もまもなく10000人を越えそうです。そんな中、昨日、感染するかもと思いつつ、某医大に行って来ました。先日の…

どこかで見た覚えが・・・

昨日、Aサヒの朝刊にこのやうな記事が、 ロシア文学者の沼野恭子氏が紹介されています。沼野氏に関しては何も存じあげませんが、この名前、つい最近どこかで見た覚えが・・・ と云うわけで調べてみると、先日読了したあの作品の巻末に沼野氏の名が。 この作…

この『る』、いる?

今日は12月24日、今年も残すところあと1週間です。そんな中、昨日図書館へ行って、数冊の本を借りて来ました。最初はこれ、 中山七里氏の新作です。7月に出版されたのですが、予約するのが遅れて、やうやく順番が廻って来ました。氏の最新作も予約して…

同志諸君よ、これを読め

2週間ほど前、Aサヒの朝刊にこのやうな広告が、 ミステリーやSFの出版で知られる、ハヤカワの新刊の広告です。同じ日の読書欄にもこのやうな記事が、 この『同志少女・・・』の著者が紹介されていました。その後出版された週刊誌の書評でも、数誌に掲載…

どないな結末が・・・

今日は12月12日、アドヴェントの第2週、クリスマスまであと2週間です。が、それを待たずに、某局で放映中の『日本沈没』今日で最終回を迎えます。 このドラマ、この秋私がハマった、唯一のドラマです。原作はご存知小松左京氏で、1973年に出版され…

書評を頼りに

今月、師走と云うわけで、とりわけ時の経つのが早く感じます。今日が11日で、今年もあと3週間!しかありません。そんな中、昨日久しぶりに図書館へ行って来ました。借りて来たのはこれ、 著者に関しては何も存じ上げませんが、先月末のAサヒの書評を読ん…

今年のベスト10

今日12月7日、久しぶりに雨の朝を迎えています。気が付けば、今週はアドヴェントの第1週、あと20日でクリスマスです。そんな中、先週配信された某誌に、今年の内外のミステリーのベスト10が掲載されています。 海外部門は、A・ホロヴィッツ氏の新作…

読書週間も終わって

11月も今日を入れてあと3日、今週水曜日からもう12月です。先月の終わりから今月9日まで、今年の読書週間だったのですが、殆ど本を読まず、神戸や奈良に行ったり、TVスティックのおかげと云うか、せいで地上波以外でもSWサーガや、WOWOWのド…

読書週間なのに・・・2

先月27日から今月9日まで、読書週間の最中ですが、それに水を刺すようにAマゾンよりこのやうな入電が、 Aマゾンプライムの会員に、同社のオウディブル・ブックが一冊(?)無料でダウンロードできるとのこと。と云うわけで、ウェブサイトに行ってみると…

盆と正月が・・・

先日、図書館より予約した本が入庫したとの入電があり、昨日受け取りに行って来ました。1冊目と云うか、1作目はこれ、 ご存知、劉 慈欣氏の世界的なベストセラーの完結編です。全2巻の大作です。出版されたのは6月ですが、やうやく順番が廻ってきました…

読了する確立が

毎朝欠かさず観ている、清原果耶嬢主演の朝ドラのあとを受けて始まる、某局の朝の情報番組で、一昨日このやうな特集が組まれておりました。 今月末から始まる、読書週間を意識しての特集やと思いますが、ゲストとして出演してはったミムラ嬢、読書家としても…

いつになったら・・・

先日、Aサヒのデヂタル版にこのやうな記事が掲載されておりました。 ピアニストの神谷郁代さんの訃報です。K・郁代さんと云えば、中山七里氏の音楽描写(?)の監修をしてはったり、文庫本の解説を書いてはったような気が。でも記事には75歳やと書いてあ…

借りて、返して3

図書館からは、こんなんも借りて来ました。 SFマガジンの6月号です。異常論文の特集が組まれているのですが、ページをめくると巻頭のグラビアでは、2本の国産SF映画が紹介されています。 左はR・A・ハインラインの傑作『夏への扉』です。松田聖子嬢…

借りて、返して2

22日の水曜日、お散歩を兼ねて図書館へ。読了した本の返却と、読みたい本を借りるためです。返却した本はこれ、今村昌弘氏のミステリー2冊です。 左の『屍人荘・・・』は氏のデビュー作で、一昨年映画化され、私は昨年WOWOWで観たのですが、原作は未…

借りて、返して

昨日、台風一過の晴天の中、買い物を兼ねて図書館へ。読了した本の返却と新たな本の受け取りです。返却したのはこれ、 一昨日、2回目を読み終えたのですが、傑作です! ラストの鮮やかなどんでん返しは、今年の国産ミステリーのベストかも。作中、古今東西…

行列のあとさき

先日図書館から、予約した本が入庫したとの入電があり、一昨日の金曜日受け取って来ました。最初はこれ、 先月発売された、知念実希人氏の最新作です。思ったより早く借りられました(^O^) 私の後ろには100人以上、並んではります。この作品、発売前までは…

ニッポンの未来は?

オリパラが終わって、某局もやうやく通常放送に戻ったのでスガ、愉しみにしていた某おなまえ番組、昨夜のスガ首相の記者会見のせいで休止になってしまいました(^_^*) 最後の最後までいらんことしいなやっちゃ。 閑話休題、今週7日、火曜日、買い物を兼ねて…

雨の中で

昨日の首相の突然の退陣表明、世間は大騒ぎしていますが、もともと前政権のショートリリーフやったと思うし、さらに云えば、もともと首相の器では無かったわけで、退陣表明を受け株価が上昇したのには笑えました。 閑話休題、昨日は雨の中、家に篭ってこんな…

雨の朝の中で

新型ヴァイラスの感染力は凄まじく、大阪では初めて3000人を超える感染者が見つかり、医療体制のさらなる逼迫が懸念されています。東京の感染者の数が少ないのは、検査数が足りて無いからやと思いますけど・・・ 今朝の朝刊には、さらに新しい変異株が国…

セミファイナルの中で2

Mデルナ社のヴァクチンの一部に、金属製の異物が混入していたとのことですが、そう云えばつい先日、ヴァクチンを接種すると、腕が磁石に引っ付くと云う噂があったと思うのですが、案外ホントだったのかも・・・閑話休題、先日図書館から借りてきた、M・R…

セミファイナルの中で

先日まで朝から喧しく鳴いていたセミの声が、全く聞こえなくなりました。折しも、甲子園の全国高校野球大会も準決勝を迎えますが、これがホンマのセミファイナルやったりして・・・前にも同じことを書いた覚えが。 閑話休題、そんな中、一昨日のAサヒの夕刊…