アップデートの落とし穴

夏ごろから、β 版の配布が行われていた、iOS 14 ですが、2週間ほど前、正式にリリースが開始されました。

f:id:yujiro-1:20200930053142j:plain

と云うわけで、先日配信された某Mac 誌でも、早速特集が組まれておりました。まずは、iPhone 版です。

f:id:yujiro-1:20200930053402p:plain

ホーム画面にウィジェットが置けたり、動画が再生出来るようです。でも、私は、この小さなウィンドウで動画を観ようとは思いませんが、取り敢えず、アップデートしてみました。が、その直後、このやうな記事が、

f:id:yujiro-1:20200930053941j:plain

正式にリリースされてから、10日も経たずに、新たなバグが見つかったとの事です(^_^*) 速攻で、修正版をインストールしたのは云うまでもありません。そんな中、iPad  版はと云うと、

f:id:yujiro-1:20200930054327p:plain

こっちの方の不具合は、今のところ見つかっていないようですが、iPadOS には別の問題があったりします。数ヶ月前、OS 12 を、OS 13 にアップデートしたのですが、その結果、それまではフツーに使えていた、お気に入りのアプリに不具合が(^_^*)

f:id:yujiro-1:20200930054752j:plain

マキントッシュ社謹製のミュージックプレイヤーです。OS 12 までは、このやうに、アーティスト名や、アルバムの画像もきちんと表示されていたのですが、OS 13 にアップデートしたら、

f:id:yujiro-1:20200930055321p:plain

アーティスト名と、アルバムが表示されなくなりました。まあ、楽曲名だけは表示されるので、全く使えない事はないのですが、アルバムが表示されないと、探すのが面倒です(^_^*)

出来れば、アップデートぢゃ無く、ダウンデート出来れば、と思ったりします・・・

 

我が家の小さな秋

今朝方、フトンの中で、ラヂオぢゃ無くて、ラヂコを聴いていたら、岩崎宏美嬢の『思秋期』がリクエストされていて、気分良く目覚める事が出来ました(^O^) そんな中、我が家の庭ではこのやうな光景が、

f:id:yujiro-1:20200929053811j:plain

ススキが、だいぶ穂を伸ばして来ました。その手前ではこんなんも

f:id:yujiro-1:20200929053919j:plain

開花が遅れていた、ヒガンバナと云うか、マンジュシャゲも、だいぶ花を咲かせていますが、

f:id:yujiro-1:20200929054039j:plain

生垣の前のマンジュシャゲは、これから花を咲かせそうです。花壇でも、このやうな光景が、

f:id:yujiro-1:20200929054211j:plain

コスモスも綺麗な花を咲かせています。

f:id:yujiro-1:20200929054256j:plain

と云うわけで、アップで撮ってみました。その後ろでは、

f:id:yujiro-1:20200929054347j:plain

アメジストセージが花を咲かせ始めています。

f:id:yujiro-1:20200929054436j:plain

と云うわけで、アップで撮ってみたのですが、ピントの位置が、思ったところからハズレてしまいました(^_^*)  お散歩カメラの宿命です。

RBGの正体は?

昨日、WOWOWで、こんなんが放映されていました。私は、前日の字幕版で観たのですが、

f:id:yujiro-1:20200928053116j:plain

冒頭で、今は亡き、F・フォーセット嬢や、まだ生きてはるC・ディアズ嬢の画像が使われていたり、そこそこ愉しませて頂きました。で、事件が無事に解決した後、新しく加入したエンジェルズの訓練の一環として、スカイ・ダイヴィングを行わせる場面で、教官が発したこのセリフ、

f:id:yujiro-1:20200928053736j:plain

1週間前なら『RBG』って、誰やねん?と思ったと思うのですが、今なら解ります。多分、この人やと。

f:id:yujiro-1:20200928054057j:plain

つい先日、惜しまれながら亡くなられた、R・B・ギンズバーグ史です。娯楽映画に、フツーにその名が使われるほど、彼の国では有名な人物だったようです。で、全くの偶然やと思うのですが、昨日、この娯楽映画と同じ日に、ケーブルテレヴィの某局で、こんなんも放映されていました。

f:id:yujiro-1:20200928054606j:plain

私は後半の部分から観たのですが、これがなんと、RBG史の伝記映画でした!

f:id:yujiro-1:20200928054806j:plain

幸い、29日に再放送されるので、速攻で録画予約したのは、云うまでもありません。

f:id:yujiro-1:20200928054934j:plain

史が亡くなられて、まだ10日しか過ぎていないのですが、後任人事を巡って、このやうな動きがあります。

f:id:yujiro-1:20200928055113j:plain

R・B・G史は、上院の投票で、93:6、と云う、圧倒的多数で信任されたのですが、このE・バレット史が、どのやうな票差で信任されるのか、気になったりします、彼の国の話やのに。

一年ぶりに

一昨日、ほぼ1年ぶりに、能勢に行って来ました。昨年、兄が、市内の介護付き老人ホームに入所するまで、18年間、この山道を毎月、2〜3回通っていました。

f:id:yujiro-1:20200927052314j:plain

途中、新名神の工事が行われていたり、台風で土砂崩れが起きて、迂回させられたり、

f:id:yujiro-1:20200927052518j:plain

冬は大雪の中を、怖い思いをしながら通ったものです。で、先日亡くなった兄が、18年間お世話になった某身体障がい者施設へ、最後の挨拶に伺ったわけです。

f:id:yujiro-1:20200927052913j:plain

一昨日は、雨が降っていたので、蔵出しの写真を貼っておきます。コロナ禍と云うことで、お世話になった職員の方々には直接会えなかったのですが、施設長にお会いして、これまでのお礼を申し上げて、些少ですが、寄付をさせて頂きました。

f:id:yujiro-1:20200927053443j:plain

帰宅しようとしたら、帰り際にこんなんを頂きました。最後の最後まで、兄のために心遣い頂いて、有難い限りです。

ニャンコの狼藉の中で2

彼岸は過ぎてしまいましたが、我が家の庭では、やうやくヒガンバナが咲き始めました。

f:id:yujiro-1:20200926052424j:plain

毎年、9月の中ごろから咲き始めるのですが、

f:id:yujiro-1:20200926052528j:plain

今年は何故か、例年より遅く咲き始めました。

f:id:yujiro-1:20200926052638j:plain

そんな中、畑ではこのやうな光景が、

f:id:yujiro-1:20200926052738j:plain

今までは無傷だった、左の畑、ついにと云うか、やはりニャンコに狼藉されてしまいました(^_^*)

f:id:yujiro-1:20200926052935j:plain

先日、修復したばかりの真ん中の畑では、

f:id:yujiro-1:20200926053020j:plain

ピンポイントで狼藉されています。速攻で修復したのは、云うまでもありません。そんな中、右の畑では、このやうな光景が、

f:id:yujiro-1:20200926053143j:plain

ついにと云うか、やうやくこんなんが芽を出して来ました。これが何かと云うと、ニンジンです。

f:id:yujiro-1:20200926053234j:plain

筋蒔きしたので、密集して芽を出しています。もう少し大きくなったら、間引くをしなくては。が、ニャンコの狼藉に合わずに、無事に育ってくれるか気掛かりです。

もしか、したら

4連休の3日目、久しぶりに図書館へ行って来ました。借りた本とCDを返却して、書架を徘徊していると、この本が目に止まりました。

f:id:yujiro-1:20200925050307j:plain

円城 塔氏の2018年の、日本SF大賞受賞作です。表題作を含む、文字に関する連作です。表題作だけは、別のアンソロジーで読んだ覚えがあったのですが、それ以外は未読だったので、借りてみました。

f:id:yujiro-1:20200925050612j:plain

ページをめくると、まあ見たことのない漢字が満載です。あれだけの新しい漢字を、わざわざ作るのには、編集者も相当苦労したやろ、と思います。が、この1冊だけではアレなので、Jュンク堂で、こんなんを購入しました。

f:id:yujiro-1:20200925051101j:plain

著者の井上真偽氏については何も存じ上げないのですが、2週間ほど前、某週刊誌のこの書評をみて、つい買ってしまいました。

f:id:yujiro-1:20200925051302j:plain

某ケータイ会社のポイントでゲットしたのですが、A・ホロヴィッツ氏の新作も置かれていて、5分ほど迷ったのですが、ホロヴィッツ氏の新作は、多分、図書館に入って来るので、ならば図書館に入らない可能性に賭けて、井上氏のミステリーを選んでみました。その後、一階下に降りて、M坂屋百貨店のサービスカウンターで、こんなんを購入して来ました。

f:id:yujiro-1:20200925051747j:plain

高槻市内のお店でしか使えない、地域振興券です。2000円で、5000円分の金券が付いているので、これを2冊購入しました。4000円で、10000円の買い物が出来るので、私のやうな、しがない年金生活社には嬉しい限りです。帰り道、市民会館に立ち寄って、こんなんを観て来ました。

f:id:yujiro-1:20200925052239j:plain

西陣織による、伊藤若冲の作品展です。若冲の原画をPC(?)に取り込んで、それを西陣織プリンタ(?)で出力した作品が並んでおりました。若冲のホンモノの原画は見たことは無いのですが、この西陣織の作品もなかなかの出来栄えで、堪能させて頂きました。

4連休が開けて

19日〜22日までの4連休、全国の観光地は天候にも恵まれて、久しぶりに賑わっていたようです。京都でも、嵐山や祇園の人混みが報道されていましたが、ならば、と4連休が開けた昨日、阪急電車に乗って、京都へ行ってきました。烏丸で電車を降り、最初に向かったところはここ、カメラのナニ○です。

f:id:yujiro-1:20200924052012j:plain

3週間ほど前、ここで不要な写真機を買い取って貰ったのですが、昨日持ち込んだのはこれ、一昔前の、ニコン機です。

f:id:yujiro-1:20200924052208j:plain

左のD300sと、右のD7000です。いずれも、APS-Cサイズのセンサーを搭載したSLRですが、数年前、フルフレームのD600を購入したので、出撃の機会が殆ど無くなって、防湿庫の中で眠っていました。箱の中身はこんなんです。

f:id:yujiro-1:20200924052341j:plain

昨日、23日は、私の40回目の結婚記念日です。妻が、京都でランチがしたい、と云うので、その資金にしようと思い立ちました。査定をして貰うと、D7000に不備が見つかり、買い取りの金額は、想定していた金額の9割でした(^_^*) が、気を取り直し、その資金を持って、向かった先はここ、

f:id:yujiro-1:20200924053220j:plain

四条大橋のたもとの、某中華料理の老舗です。W・M・ヴォーリズの手になる建物で、内部の装飾も彼が手掛けています。

f:id:yujiro-1:20200924053446j:plain

以前から、一度行ってみたいと思っていたので、結婚記念日のランチを、ここで採ろうと思ったわけです。ディナーは予約が必要ですが、ランチは、特に予約が無くても大丈夫のようです。が、入口にはこのやうな張り紙が、

f:id:yujiro-1:20200924053739j:plain

なんと、昨日は臨時休業でした(^_^*)  事前にウェブサイトを確認したのですが、23日、休業とは書かれていなかったのに・・・
仕方なく、斜め向かいの、某老舗和菓子屋の経営する、蕎麦屋で、にしんそばと寿司のセットを食して、その後、河原町を散策して帰路に着きました。某中華料理屋には、次回、別の写真機を買い取りに出して、行ってみたいと思っています。